とある実況者のマルチ紹介ブログ

実況者の木枯がソフトなどいろいろ紹介していきます

ゲームをする人にも使ってほしい!動画編集にオススメの録画ソフト紹介~無料編~

皆様こんにちは、木枯です!

 

本格な夏が近づいてきて、私は既にバテ気味です(;´・ω・)

 

さて、今回はオススメの無料録画ソフト(私が過去に使用したことのあるもののみ)を紹介させていただきます。

 

まず初めに、タイトルに「ゲームをする人にも使ってほしい!」とあることに気付いたことでしょう(気付いてない人はいないと思いますが)。

ゲームをする上で、特にオンライン対戦プレイのものは

「上達したい」「勝ちたい」「上手くなりたい」

ということを思う人が大半を占めると思います。

 

そこで重要になるのが自分自身のプレイング(FPSなどで言うなら立ち回り)です!

 

この「プレイング」や「立ち回り」というものにおいて、ゲーム中に「今のはいい立ち回りだった」「今のはダメなプレイングだった」などといちいち評価する人は少数でしょう。

そこで、録画の出番です!

 

「録画」をすることで後から見返し、良かった点・悪かった点を細かく探し出すことが出来るのです。

 

いかがでしょうか?ゲームをしているだけという方にも録画をすることのメリットがあることがお分かりいただけたでしょうか?

 

わたっていただけた方もわかっていただけなかった方も、次のオススメ録画ソフトは見ていってください。というかそちらが本題ですので帰らないでくださいお願いします。

 

今回は無料ソフト編なのでお金のかけられない方やかけたくない方にオススメです(録画ソフト自体が無料という前提でお話しします)。

 

実況者オススメの無料録画ソフト
 
1.ロイロゲームレコーダー
f:id:YK_Kogarashi:20170528204649p:plain

画像引用元

loilo.tv

このソフトはご存知の方も多いかもしれません。
このロイロゲームレコーダー、完全無料の録画ソフトとしては1,2を争う超有名ソフトです。
では、このソフトのメリット、そしてあまり耳にしないであろうデメリットをお伝えします。
メリット
1.動作時の軽さ
このソフト、使用していても、公式が発表しているベンチマークのスコアを見ても
かな~り軽いです
一番不安視される、「録画時にゲームがカクつく」とかいったことはほとんどないです
(細かい点を見なければ他の録画ソフトと大差ないですが)。

f:id:YK_Kogarashi:20170529173735j:plain

↑これ見る限りでも随分違うことがわかりますよね

(使用ベンチマークソフト、スペックは以下の通りだそうです
ファイナルファンタジーXIV : 新生エオルゼア ベンチマーク ワールド編」
ベンチマークPCのスペック : Cori7 860, Geforce GT240, Windows7 32bit, メモリ4GB, SSD256GB)

画像・スペック情報等引用元

loilo.tv

 

2.録画が簡単

録画するのに色々手間が掛かっては問題ですよね?

でもこのソフトはそんな心配ありません!

ゲームが認識されたらF6(デフォルト)ポチるだけです!

(ちなみにマイクラだとF6がゲーム上で設定されてるのでどっちか変更必須)

作業が簡単すぎてこれしか言うことないです

 

3.固定ビットレートでの録画機能

「固定ビットレート?何それ美味しいの?」

という方も多いかと思われます。

CBRとも表されるもので、これとは別にVBR(可変ビットレート)というものがあります。

ちなみに固定フレームレート(CFR)と可変フレームレート(VFR)なんてものもありますが、特に素人にとってはほとんど同じようなものなのでCBR≒CFR、VBRVFRって認識でいいです(と素人が申しております)。

わかりやすく言うと

固定ビットレート(CBR)は

画質・音質より動画を安定させることが優先

可変ビットレート(VBR)は

安定性より画質・音質が優先

ということなのです。

 

「画質とか音質は良い方がいいじゃん」

と思われるかもしれませんが、

動画編集において使用するのはCBR(CFR)です!

 

無編集ならVBR(VFR)が優位ですが、編集するなら

CBR(CFR)にしておかないと、音ズレの原因になります!

編集するならCBR(CFR)、覚えておいてください!

f:id:YK_Kogarashi:20170530192851p:plain

↑ちなみに設定はこれだけです。簡単だね。

 

4.YouTubeに直上げ出来る!

「無編集でいい!」というそこのあなた!朗報です!

ロイロゲームレコーダーはYouTubeへの直上げ対応!!

撮影直後にそのままアップロードできます!!

(うさんくさい通販番組みたいになってるけど気にしたら負けです)

ちなみに同社製のロイロスコープ2(シェアウェア、期間限定無料。期間制限なしは有料)に対応しており、

ロイロゲームレコーダーからファイル指定して編集を始めることも可能です。

f:id:YK_Kogarashi:20170530195151p:plain

↑こんな感じ。直上げはもちろんログインが必要。

 

デメリット

ここからは書く人の少ないデメリットゾーンです(・∀・)

いい点だけでなく、悪い点も知らないと比較のしようがないですもんね。

先に言っておきますがあくまで使用した「一個人の感想」です。

 

1.起動が遅い

他の編集ソフトと比べて、起動が少し遅いです。

重いと言ってもいいですかね、最初は結構それがストレスでした。

 

2.ソフトが認識されないことがまれにある

これは特にフルスクリーン表示のソフトに当てはまります。

DirectXモード(高速モード)で録画しようとすると認識されないソフトがまれにあります(対応ソフトであるはずのLoLが認識されなかったなんてことがあり、イライラした経験が...)。

対処法としては「ウィンドウモード(中速モード)での録画」というものがあります。

しかし、これだとフルスクリーンでの録画は出来ないこともありますので、オススメはしません(;・ω・)

 

3.録画時のファイル形式は「.avi」のみ

最近の録画ソフトは「.mp4」というファイル形式が主流なのですが、

このロイロゲームレコーダーは「.mp4」は選べません。

全部「.avi」で保存されます。

ちなみに「.mp4」はロイロゲームレコーダーでは表示されることもありません。

個人的な感想ですが、「.mp4」の方が「.avi」より軽く感じます。

 

以上がロイロゲームレコーダーの紹介です(・ω・)

 

 

2.GeForce Experience(NVIDIA Share)

f:id:YK_Kogarashi:20170604180840p:plain

画像引用元

www.nvidia.co.jp

 正確に言うとこれは録画ソフトではなく

NVIDIAGPU「GeForeceシリーズ」のドライバーです。

このドライバーの機能の中にNVIDIA Share」というものがあります。

この機能を使って録画をするという寸法なのです!(古い)

 

メリット

1.ドライバーだから初期導入

さきほどもお話しした通り、このGeForce Experienceというソフトは

NVIDIAGPUGeForceシリーズ」のドライバー

ですので、「GeForceシリーズ」を使用したグラフィックボードを使用していればデフォで入ります。

あとからわざわざインストールしなくても最初から使えちゃうのです。

 

2.ドライバーだからグラボとの相性が抜群!

GeForceシリーズ」のドライバーの機能の一部ですので、

GPUとの相性は抜群です!

「録画ソフトって重いからグラフィックボードの性能存分には発揮できなくなっちゃうのでは?」

唯一無二の安定性を実現できる。そう、ドライバーならね(これ執筆してる人殴りたくなってきました)。

 

3.インスタンスリプレイを使って時を遡ろう!

「神プレイしたのに録画してなかったああああああぁぁぁぁ!!」

なんてことが、主にゲームをする上で出てきます(特に実況してる人とか)。

そんな時にはインスタンス録画を使いましょう!!

f:id:YK_Kogarashi:20170606205500p:plain

↑こんな手順です。設定で最大20分まで遡れます。

 

設定さえすれば最大20分まで遡って動画が取れる優れものです!

(しなかったら5分だったと思います。)

あ、ちゃんと機能をオンにしておかないと遡れませんからお気をつけて!

 

4.他の録画ソフトにはない!?ライブ配信機能!!

実況動画とか撮ってるとそのうちやりたくなったりするのがライブ配信(ブロードキャスト)です。

棒読みちゃんとかセットして視聴者さんの声を聴きながらライブ配信とかいいですよねぇ...(個人的な意見)。

実は、GeForce Experience Shareには

ライブ配信機能が備え付けられているのです!

録画ソフトと別で配信ソフトを用意する手間が省けますね。

f:id:YK_Kogarashi:20170607202222p:plain

↑タイトル付けもここで可。動画説明文は配信者のPCスペックが自動で書かれる(YouTube)。

 

デメリット

1.GeForce GTXシリーズのGPU搭載じゃないと使えない!!

最初に申し上げました通り、このソフトは

NVIDIA GeForece GPUシリーズ」のドライバーです。

つまり、そもそもこのドライバーは

GPUNVIDIAGeForceシリーズでなきゃ使えません!!

更に

Shareやブロードキャストの機能は

GeForce GTXシリーズ」のGPUでないと、使用できません!!

つまりGTXシリーズのGPUを買った人への特典なんですね(;´・ω・)

ちなみに私は2017年6月現在でGTX960を使用しています。

 

2.時々起動してくれない

この間なって困りました(´・ω・`)
対応策としては再起動が一番いいんですが、気づかずにゲーム始めて録画をしようとすると...アッ(´;ω;`)

Alt+Zで確認は怠らないようにしましょう。

 

3.CBR(CFR)未対応

はい、これが一番めんどくさいです。

このソフトで撮った動画をそのまま編集ソフトにぶち込むと...
確実に音がズレます。

対処法は「HandBrakeという変換ソフトを使いましょう(使い方は後々動画にしたものを貼るなりなんなりしますね)。

HandBrake配布先

handbrake.fr

・最後に

ここまで読んでくださりありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

今回は無料録画ソフト編としてオススメのものを紹介させていただきました。

次は有料録画ソフト(一つしか紹介できませんが...)を紹介させていただきたいと思います。

何かあればTwitterかコメント欄にお願いします。

あ、返信が無くても気づいてなかったりするので可能な限りコメントは残していただくようお願いします(;´・ω・)

それではまた次回お会いしましょう、よろしければ私の動画もご覧ください(・ω・)

それではノシ。

 
YouTubeチャンネル

www.youtube.com

Twitter

twitter.com

テスト投稿になります!

こんにちは!木枯(こがらし)と申します
この度ブログを開設いたしました
私の事をご存じでない方も多いかと思われますので、軽く自己紹介させていただきます

自己紹介

 

まず初めにこちらをご覧ください
こちらは私の作った動画の中で一番人気のものです

そうです、動画投稿者なんです

なんで動画投稿者がブログ始めようとしたのって思われる方も多いかもしれません
そんなに見る人いないだろとか言わない

 

理由としては
  • 編集方法を聞く人が多くなってきた
  • MMDの使い方を教えてくださいってコメントが意外とあった
  • 個人的にブログに興味があってやりたかった
以上の3点です

 

ぶっちゃけた話が、最後のさえあれば勇気のある人はすぐ開設してたと思います

 

まあ、そんなことはさておき私は主に何を書き込もうかと申しますと

 

  • 動画編集・撮影環境に関して
  • 書籍の紹介
  • サバゲー用品の紹介
  •  

    今の時点ではこのように考えています

     

    これから先、上記の点について様々な記事を載せようと思っていますので、動画投稿者になりたい方などのお役に立てればと思います

     

    コメントの方に知りたいことがあれば書いてくだされば、出来る限り記事にさせていただこうと考えてますのでそちらもご活用ください

     

    次回は私が利用しているソフトを念頭に、動画の作り方についての記事を書いていこうと思います

     

    それではまた次回お会いしましょうノシノシ